医師と製薬企業の癒着?謝礼金二千万円超!どこから誰の手に?

時事問題
これが、ワセダクロニクルです!(We are Waseda Chronicle!)

製薬企業各社は医師らに提供した講演料などの謝礼金の金額を毎年公表しています。これをNGO「ワセダクロニクル」とNPO法人医療ガバナンス研究所の「製薬マネーデータベース」が集計して、ウェブで公表しています。これによると2016年度に謝礼金の合計額が2000万円以上になる大学医学部教授が7人いました。

資料からは、製薬会社から2016年度にコンサルティングなどの名目を含めた謝礼金が1,500万円を超えた医師は29人いました。そのうちトップの加来浩平・川崎医科大特任教授は、20社・153件で2,899万円。続いて中村祐・香川大学医学部精神神経医学教室教授で、2583万円でした。

今回のリストから糖尿病と循環器病の分野を担当している医師が多く含まれている傾向がありました。もともと糖尿病と循環器病は、患者が多いため市場も大きくなります。そのため製薬企業各社の市場争いは非常に厳しいと言います。各社とも全国の医師に影響力のある名のある大学教授に講演を通して自社の薬の販売を促進することを目指します。そうすると製薬企業に人気のある先生が生まれ、繰り返し全国各地の講演を依頼されます。医師サイドからしても全国で公演を行うことで、自身の名を売ることができますし、製薬企業との関係を密にすることで新薬開発の機会を得、論文執筆などにもつながるチャンスが増えます。製薬企業と医師との間はいわゆるWin-Winの関係が成り立っているということです。

ちなみに謝礼金を多く支払っている製薬企業についても公開されています。1位は第一三共、2位中外製薬、3位田辺製薬、4位武田薬品工業、5位大塚製薬と続きます。上位を内資系製薬企業が多いです。外資系では7位の日本ベーリンガーインゲルハイム、8位ファイザーの2社がトップ10に含まれています。

基本的には患者の手元に良い薬が届けば文句はないのですが、謝礼金が医師の処方に影響を与える可能性はないのでしょうか?影響力のある医師の公演が薬の良い面・悪い面の両者を述べる場になっていれば聞いた医師がそれぞれ判断すると思います。お金のやり取りだけが「悪」と決めつけるのは浅はかな対応だと思いますが、そのお金のやり取りがクリーンであることを証明する必要は迫られます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました