デニール数検定って何?どう勉強するの?11月2日はタイツの日です。

教育

たまには息抜きな内容です。毎年11月2日はタイツの日です。タイツの日にちなんで、「デニール数検定」ってのがあります。

1.デニールって何?

デニールとは、繊度を示します。つまり糸や線維の太さの単位になります。その定義ですが、「キログラム毎メートルの九百万分の一」で、g/m の9000分の1に当たる数値になります。つまり9000メートルの糸の質量をグラムで表したものがデニール値となります。またデニール値は、ストッキングとの違いを説明するときにも使われます。一般的ですが、ストッキングは30デニール未満とされ、30デニールあたりがタイツとストッキングの境目になります。

2.デニール検定って何?

デニール数検定は、示される画像からそのデニール数を考えて正解を求めることが目的となります。検定で優秀な成績修めるにはどういった勉強をしましょう。ある程度の例示が欲しいですよね。セシールのホームページにありました。20デニールから110デニールまでの商品を見ることができます。デニールによって見た目も印象も変わります。

3.デニール数の使い分けは?

デニール数はTPOで決める必要があります。例えば、あまり厚手の60デニールを超えるようなタイツはお葬式には向いてません。できるだけストッキングに近いほうがよいのでしょう。またデニール数によって厚さがきまりますので、季節でも使い分けが生じます。11月の気温だと40~60デニール位、そこから寒くなるにつれて厚くなっていきます。

難しいことを言いましたが、スマホ用アクションゲームの「アリス・ギア・アイギス」が提供するお遊びです。でも、こういったお遊びを創造するのって素晴らしい能力ですよね。

タイツの日は、エムアンドエムソックスによって定め、日本記念日協会が認定した正式?な記念日です。タイツは片足ずつ編みますよね。そしてペアーで売り出されます。並べると数字の11と似ていて、 ペアであることから112なります。また11月からは女性がタイツでおしゃれをするベストシーズンであることから、11月2日がタイツの人なったそうです。

タイツの日とデニール数検定がなければデニールという単位に出会うこともなかったと思います。こういったノリのイベントは好きです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました