胆嚢炎にならない食事の内容は?原因から予防を考えてみよう!

疾患

胆のうという臓器は肝臓で生産された胆汁を溜めておく臓器です。

胆汁とは脂肪を紹介するための消化液です。

この胆のうで炎症が生じた疾患が胆のう炎です。

胆のう炎とは、胆汁が排出される経路が何かしらの原因で

詰まってしまい、そのうえで細菌感染が併発して生じます。

原因としては胆石が最多ですが、癌などが原因になることもあります。

胆のう炎にならないための食事の内容とはどのような内容でしょう?

胆のう炎の原因の胆石ってどうやってできるの?

胆石で最も多いのはコレステロール結石です。

脂質の多い食事をとりすぎると

胆汁の中にコレステロールがたまります。

胆汁は胆のうの中で濃縮され保存されます。

保存されている中で胆汁中のコレステロールも濃縮されます。

濃縮されたコレステロールは結晶化して結石となります。

胆石を作らない食生活は?

脂肪を含む食事を控えることが最も大切です。

日ごろからバランスの良い食事を意識しましょう。

規則正しい生活を送ることが予防する上で大切。

コレステロールの吸収を抑える食材があります。

代表は豆類や昆布、わかめ、果物、大麦など。

これらの食材には水溶性の食物繊維が含まれており、

コレステロールの吸収を抑える働きがあります。

積極的に摂取したいですね。

料理は基本が大事です。

どんな料理も基本を学べば美味しくできますよ。

コロナ禍の影響でオンラインレッスンは料理教室もあります。

興味のある方はのぞいてみてください。

食生活さえ気をつけていれば胆石は大丈夫?

胆石の原因の最多はコレステロール結石です。

しかしコレステロール結石以外に

ビリルビン結石という結石もあります。

ビリルビン結石は血液疾患や肝硬変などで良く生じます。

血液疾患の代表は溶血性貧血です。

そもそもビリルビンは赤血球細胞に含まれています。

溶血性貧血とは、自分の赤血球を自分の免疫が攻撃する

自己免疫性の疾患です。

溶血することで血中のビリルビンが上昇し、

胆汁中ののビリルビンも上昇します。

そして結晶化→結石化します。

原因不明の貧血や高ビリルビン血症を指摘されたら

必ず医療機関を受診しましょう。

 

胆石症の症状は?胆のう炎には絶対になるの?

胆石を持つ方の全てが胆のう炎になるわけではありません。

無症状で経過する人もたくさんいます。

症状が出るか否かは胆石の大きさによります。

すっかり大きくなって、胆管に落ち込む危険がない人は

基本的には経過観察となります。

 

小さめの結石で胆管に嵌りそうなサイズだと危険です。

治療が必要になります。

 

胆石症の治療ってどうするの?

胆石症の治療は、薬物療法、破砕療法、外科的手術

の3択です。

薬物療法は胆石を溶かす薬物を内服します。

破砕治療は衝撃波をつかって体外から結石を砕きます。

外科的手術は胆のう炎の既往がなければ

腹腔鏡下での胆のう摘出術が選択されます。

胆のう炎を繰り返していると、

胆のうが周囲の臓器に癒着していることがあり

腹腔鏡下での手術は困難な場合があり、

開腹手術を選択することがあります。

胆嚢摘出術(胆嚢切除)

胆のうをとっちゃえば胆石は再発しない?

実は胆のうをとっても胆石は再発することがあります。

胆管内に結石が生じることがあります。

ですから、手術で摘出した結石の内容を確認して

胆石が再発しないように生活改善を行うことは大切です。

健康な内にご自身の保険の見直しを

イザとなってからでは遅いのでご検討を

コメント

タイトルとURLをコピーしました