悪性脳リンパ腫治療の最新治療薬は?室伏広治長官は大丈夫か?

悪性リンパ腫

スポーツ庁の室伏広治長官が悪性脳リンパ腫の

治療中であることを発表されましたね。

悪性脳リンパ腫は我々にとっては

原発性中枢神経系悪性リンパ腫(Primary CNS Lymphoma:PCNSL)

と呼ぶのが一般的です。

いくつかの記事にも記載されていましたが、

標準治療法は通常用量よりも高用量のメソトレキサートという

抗がん剤を投与します。

高用量の抗がん剤を投与するため副作用も大変です。

 

赤血球や白血球、血小板が極端に減る骨髄毒性

口内炎などの粘膜炎

抗がん剤を代謝する臓器である肝障害

 

などを十分に注意しつつ治療を行います。

高用量のメソトレキサートのPCNSLに対する治療成績は

いくつかの報告がありますが、日本での試験成績を見ると

生存期間の中央値が44カ月

泉本修一,森鑑二,有田憲生.中枢神経系悪性リンパ腫研究会.悪性リンパ腫に対するHD—MTX療法の長期成績と問題点―多施設共同研究から.第26回日本脳腫瘍学会抄録集.2008:130.

となっています。

言い換えると44カ月以内に半分の方はお亡くなりになる

と、いう意味です。

 

こんな治療が困難な疾患に対して2020年に新たな薬が承認されました。

そればベレキシブル(Tilabrutinib)です。


 

悪性脳リンパ腫治療の最新治療薬は?

ベレキシブルは小野薬品工業が開発・販売している薬剤です。

BTKと呼ばれるリンパ球の増殖因子を抑制する薬で

既に慢性リンパ性白血病に対して販売承認を受けている

イムブルビカも同様の作用機序を示しています。

以前新型コロナウイルス感染に効果が期待できる薬剤として

アカラブルチニブという薬を紹介しましたが

この薬剤もBTK阻害剤です。

参考:新型コロナ感染の新薬候補!アカラブルチニブってどんな薬?

 

ベレキシブルの治療成績は

大量メソトレキセート療法後に再発した症例を対象として

試験を実施しています。

用量を決めるための試験も同時進行で行っているので

承認用量の480mgだけを記載します。

ベレキシブルを投与することで完全寛解(病変が見えなくなる)

を得る割合は35.3%となっています。

 

ベレキシブルは経口薬です。

副作用も大量メソトレキセート療法よりも

断然少なくコントロールしやすい印象です。

近い将来には未治療のPCNSLの患者さんにも

使用される日が来ると思われます。


 

室伏広治長官は大丈夫か?

記事だけを見ると大量メソトレキセート療法は

終了しているようですね。

そのうえで追加の治療として

大量化学療法+自己末梢血幹細胞移植

を計画しているとのことです。

 

現在のPCNSLの診療ガイドラインでは

大量化学療法+自己末梢血幹細胞移植

を積極的には推奨していません。

その理由はデータが十分ではないからです。

元々PCNSLの患者さんは稀な存在です。

そんな珍しい疾患ですから十分なデータがなくとも

不思議はありません。

そんなわけで現時点ではPCNSLに対する

大量化学療法+自己末梢血幹細胞移植

は試験段階であると言えます。

もちろん疾患の特徴を考えると治療効果には期待感はあります。

おそらくどこからの脳神経外科のグループの

試験に参加することになっていると思います。

 

現時点では治療成績は不明である治療方針であるため

大丈夫か大丈夫でないかを知るには時間が必要です。

医療はこうやって積み上げて進歩していきます。

どうか素晴らしい治療成績が認められ

室伏長官も元気にまだまだ活躍なされることを

心からお祈り申し上げます。

 

関連記事

 

あなたはご自身の生命保険の内容を把握できていますか?

不明な点があれば見直しのチャンスです。

保険の内容も日進月歩で改善されています。

ご興味があればFPに相談できる窓口をご利用ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました