くも膜下出血と脳動脈瘤破裂。若くても発症するわけは?予防は?

脳出血

くも膜下出血は高齢者に限った疾患ではありません。時に10代の若さでも発症して、死に至ることもあります。

セリエAのアタランタが11日、セリエDのレニャーノにレンタル移籍していた19歳のイタリア人MFアンドレア・リナルディが亡くなったと発表。
英メディア『BBC』によると、現地時間8日に自宅でトレーニングを行なっている時に脳動脈瘤が破裂したという。病院へ緊急搬送されたが、3日後の現地時間11日に息を引き取ったとのこと。

引用:フットボールチャンネル


19歳での急死・・・。ご家族の方のご心痛、いかばかりかとお察し申し上げます。19歳という若さでの発症は何とかならなかったのでしょうか?そもそも脳動脈瘤とは、脳の動脈の一部分が何らかの原因でふくらんだ”こぶ”です。大半の脳動脈瘤は、血管が枝分かれした部分にでき、その多くは無症状です。しかしながら、脳動脈瘤が破裂すると「くも膜下出血」を起こします。くも膜下出血は致死率が、約4割と言われており、また治療を行っても、約3割の方は重い障害が残ります。救急外来で遭遇するくも膜下出血の原因の約8割は、脳動脈瘤の破裂と言われています。脳動脈瘤の保有率は、我が国で行われた久山町研究で、亡くなった人の剖検から2.2%の方に脳動脈瘤があったとの報告があり、海外の報告と合わせると成人の2~6%くらいの保有率と推定されています。脳動脈瘤の大半は先天的なものと考えられています。したがって19歳の時点で脳動脈瘤を有していても何ら不思議はないということになります。アンドレア・リナルディ選手の脳動脈瘤の保有に関して推定するチャンスはなかったのでしょうか?

脳動脈瘤/2分で分かる医療動画辞典 ミルメディカル

脳動脈瘤は若干の遺伝性があります。したがって、血縁者に脳動脈瘤を指摘された人がいる場合や、くも膜下出血を起こした人がいる場合は、脳動脈瘤を有している確率が上昇します。まずは家族歴を確認することをお勧めします。近年は検査技術の発達により、脳血管検査は比較的簡単に行えるようになっています。脳ドックの実施により脳動脈瘤が発見されるケースも珍しくありません。ご家族・血縁者に該当する方がいれば脳ドックの受診をお勧めいたします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました