抗体カクテル療法承認。その特徴は?何がこれまでと違うのか?

新型コロナウイルス肺炎

こんにちは。

企業勤めの内科医ヒロスケです。

今回は抗体カクテル療法についてお話しします。

厚生労働省は7月19日、抗体カクテル療法と呼ばれる中外製薬の新型コロナウイルス感染症の治療薬である、

ロナプリーブ点滴静注セット(一般名:カシリビマブ、イムデビマブ)

を特例承認しました。

ロナプリーブがこれまでの薬と異なる点は?

本剤の適応が、新型コロナウイルス感染症の軽症から中等症である点がこれまでの薬剤と大きく異なります。

あくまでも重症化リスクを有する症例が対象ではありますが、海外で行われた臨床試験では死亡や入院のリスクが約70%減少しています。

日本では当面の使用は入院患者に限られると言われていますが、データの蓄積から安全性に問題がなければ随時外来でも使用されると予想します。

ロナプリーブの特徴は?

ロナプリーブは、抗体カクテル療法です。

新型コロナウイルスに対する2種類のウイルスの中和抗体である

  • カシリビマブ
  • イムデビマブ

を組みあわせた薬剤です。投与経路は点滴になります。

ロナプリーブの効果は?

新型コロナウイルスは、ウイルスの表面に存在するスパイクタンパクと呼ばれるたんぱく質が、感染者の細胞表面に存在する酵素に結合して侵入します。

カシリビマブとイムデビマブは、「マブ」と末尾にあるので抗体製剤であることがわかります。

本抗体はウイルスのスパイクタンパクを標的として結合し、人の細胞表面にある酵素との結合を阻害するのです。

海外で実施された臨床試験は、重症化リスク因子を有した症例を対象として実施されています。

重症度としては、酸素飽和度93%(室内気)以上の患者を対象としています。

結果解析によると、入院または死亡に至った割合は、治療薬投与群で1.0%、偽薬投与群で3.2%となっており、その重症化リスクは70.4%減少させたと評価されています。

なんにせよ、新規薬剤の承認は素晴らしい。

中外製薬おめでとうございます。

日本人のデータはまだ未成熟な段階であるため、今後のデータの集積には注意が必要ではあります。

ロナプリーブは軽症、中等症を対象にした新規薬剤であり、重症化を予防できる点は設備が不十分な病院であっても治療が出来る機会が増えるということにもなります。

一般の方が本試験の結果を見る上で注意することは、新型コロナウイルス感染症の軽症、中等症が対象である治療薬であっても、リスクをもともと持っている症例が対象であったことです。

やはり常日頃より自分の健康管理をしておく必要はあります。

人間ドックや健診はしっかり利用しましょう。

健診に行く機会を逸しているのであれば、自宅でできる人間ドックの利用は考えても良いと思います。

この機会に夫婦で健診をする、実家のご両親にプレゼントするなどもお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました