スキルス胃がんの初期症状をチェックする!早期発見のために。

胃がん

胃がんの中でも発見が困難で、

気付いた時には手遅れと言われる

「スキルス胃がん」

 

初期症状や早期発見には何が必要なのでしょうか?

 

スキルス胃がんとは?

大半の胃がんは胃の粘膜に発症します。

  • ポリープ様に粘膜から突起したような胃がん
  • 潰瘍のように粘膜に掘り込みができるような胃がん
  • 突起病変の先端が掘りこまれた胃がん

こういった胃がんを早期に発見するためには

胃カメラや胃透視(バリウム検査)を定期的に

行うことで発見が可能です。

しかしながら、スキルス胃がんは

胃の粘膜の下で発達する胃がんです。

発展すると胃の壁が硬く、厚くなります。

したがって胃カメラや胃透視では

表面上病変は認めません。

またスキルス胃がんの進展は

胃の内部に向かわずに外部に向かいます。

つまり、腹膜や肝臓等の多臓器に向かいます。

結果として発見時には腹膜播種(腹膜への転移)

や近隣臓器への転移を認め

手術が不可能になり、根治が困難となります。

ただでさえ進行の早い未分化癌に分類されるスキルス胃がん

が発見が困難なので、非常に予後の悪い疾患となるのです。

 

スキルス胃がんの初期症状は?

一般的に紹介されている症状として

  • 食欲不振
  • 体重減少
  • 胸やけ
  • 消化不良

と言った症状が挙げられます。

進行すると吐血や下血など

がん病変からの出血を認めます。

出血を認める段階では手遅れです。

ですので、比較的症状が軽度の段階で

胃カメラを受けることをお勧めします。

 

スキルス胃がんは胃カメラで見つかるの?

胃カメラにおけるスキルス胃がんの所見は

かつては胃の拡張度しか分からないと言われてましたが、

近年は以下のような特徴も指摘されています。

 

  • 胃粘膜に凹んだ小さな癌が初期には認める
  • 胃粘膜のひだが肥厚している
  • 胃のふくらみが悪い

上記のようなスキルス胃がんを疑う所見を認めた場合には

胃透視による胃が膨らみ辛い所見を確認します。

そののちCTやMRIの検査を追加していきます。

スキルス胃がんは胃の粘膜の表面には出てこないことが

多いので、必ずしも胃カメラでの生検では診断には至りません。

 

スキルス胃がんの早期発見のためには?

40歳以上の方は年に1回は胃カメラをしましょう。

胃カメラをしても発見できないかもしれません。

しかし胃カメラをしない限り早期の発見は不可能です。

胃カメラと言われると非常におびえる人がいます。

おびえて力が入っているから辛くなるのです。

力を抜いてゆっくり呼吸をすることに集中してください。

するほうもされるほうもテクニックがあります。

される側が上手だとするほうも楽です。

ぜひ「まな板の上のコイ」のごとくリラックスして

胃カメラを受けてください。

 

スキルス胃がんの診断は?

胃カメラでの診断が困難なため

結局は手術が必要となります。

近年は腹腔鏡下手術が発展しているため、

まずは腹腔鏡下で胃壁の生検を行い

確定診断を得たのちに手術に入る

という手順で診断→治療が行われます。

 

スキルス胃がんの治療は?

手術が可能である限りは手術です。

手術が困難な場合には化学療法となります。

化学療法とは抗がん剤ですね。

近年の免疫チェックポイント阻害剤の効果についても

今のところはまだ不明です。

やはり早期発見からの手術というのが

最も期待できる治療方法と言えます。

 

人間ドックをお得に受けるコツ

人間ドックって高いですよね。

会社で補助してくれるところはいいですが

自分の出費はできるだけ抑えたい

と、言うのが人情でしょう。

近頃は生命保険で人間ドックの補助を

してくれるサービスがあります。

興味のある人は、この機会に保険の見直しをしてみては

いかがでしょうか?

 

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました