イヌサフラン食中毒。コロナに期待も、少量でも危険!症状は?

薬剤

新型コロナウイルス感染に「コルヒチン」が効果があるのでは?と、琉球大学と横浜市立代の共同グループが発表しました。

 琉球大学が5日、痛風の治療薬として知られる「コルヒチン」が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化を防ぐ薬として有効であることを確認するために来年1月に横浜市立大学と共同で臨床試験(治験)を始める、と発表した。コルヒチンは痛風薬として既に安全性が確認されており、COVID-19に対する効果も確認できれば、初の軽症、中等症患者向けの抗炎症薬となる。

引用:サイエンスポータル

コルヒチンは、イヌサフランの種子や球根に含まれている成分で形成されていますが、イヌサフランそのものは非常に毒性の強い有毒植物です。毎年、行者ニンニクや玉ねぎなどと間違って誤食してしまい食中毒を起こす症例が報告されています。

引用:厚生労働省ホームページ

イヌサフランの食中毒の症状って?

イヌサフランの毒は加熱処理しても変化しません。ほんの少量を口にしただけでも下痢や嘔吐と言った消化器症状が出現し、皮膚の感覚が低下し、重篤化すると呼吸困難感を生じ、命にかかわることもあります。上述したように、行者ニンニクや玉ねぎとの誤食のため、かなりの量を口にすることがあり、重症化した症例が報告されています。

イヌサフランの毒の成分は?対処方法は?

イヌサフランの毒の成分は、まさに薬効成分と同じ「コルヒチン」です。薬効成分である「コルヒチン」は大量に摂取すると食中毒を生じるのです。コルヒチンによる中毒症状に対しての特別な対象方法はなく、胃洗浄や活性炭の投与を行い対処療法を行う以外に対策はありません。

コルヒチンが含まれている植物は他にあるの?

イヌサフランの以外には、グロサリオなどにも含まれています。

引用:サカタの種ホームページ

グロサリオの根は山芋に似ています。そのため山芋との誤食によってコルヒチン中毒を生じた患者も報告されています。

コルヒチンが新型コロナウイルスに効果がある可能性が示唆されたことは非常に喜ばしいことで。しかし安易に抽出元の植物を口にすることはないように、注意喚起も同時にしていただきたいと感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました