ライフジャケットの自動膨張タイプは再利用できるの?

釣り

コンパクトで身動きのとりやすい自動膨張タイプのライフジャケット。そんなライフジャケットは水に落ちた時と、紐を引っ張ったときに膨張するようになっています。中には、紐がどこかに引っかかって膨張してしまった!!って経験をされたかともいるのではないでしょうか?膨張してしまった日は仕方ありませんが、空気を抜いて、ボンベを交換することで再利用は可能です。

(A-KIT) BLUESTORM膨脹式ライフジャケットボンベキット交換
  • 自動膨張タイプのライフジャケットって消費期限がある?

結構知られていませんが、ライフジャケットのボンベは、取り付け時からメーカによって違いますが、3年~6年が交換の目安だそうです。3年を超えるとボンベの交換をしたほうが良いでしょう。

2000円~3000円ってところです。3年に一度ですので、ケチることはないですね。我が家はそろそろ交換の時期です。膨らました経験がない方は、一度経験しても良いでしょう。海水浴場に行って足の届くところで、水につかってどの程度で膨らみ始め、どの程度でしっかり膨らむのかを経験しておくのはいい経験になります。また、空気漏れがないかを確認することもできるので一石二鳥ですね。

2014 BLUESTORM PFD(ライフジャケット)落水実験

毎年夏には多くの人が水難事故でお亡くなりになっています。幼い子供に限らず、高校生や大人でも事故でお亡くなりになっています。ライフジャケットを正しく使用し、正しくメンテナンスをすることで水難事故を予防したいですね。

関連記事

・ライフジャケットは釣り船では、桜マークがないと違反になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました