ソロキャンパーとアダルトチルドレン。生きづらさを自覚した?

アダルトチルドレン

ソロキャンプがコロナ禍の中でブームになっています。火付け役は、ユーチューバーのヒロシさんでしょう。

旅行やキャンプ、カラオケ、焼き肉…。食事やレジャーなど日々のあらゆる場面で、グループではなく一人で楽しむ人が増えている。SNSなどで人と簡単につながることができる時代に、あえて一人を選ぶのはなぜか。ソロキャンプの魅力を発信している芸人のヒロシさんと、シングル女性の生き方についてエッセーを発表してきた酒井順子さんに、一人時間の魅力やブームの背景を聞いた。

引用:北日本新聞

ソロキャンパーとアダルトチルドレンの関係

ソロキャンプを始めとして、一人で行動することの方が良い人に共通するのが、「人に気を遣うのがつらい」という感情です。誰でも多かれ少なかれありますが、人への気遣いで疲弊してしまう人は、アダルトチルドレンの可能性があります。

アダルトチルドレンの人の気遣いの特徴

アダルトチルドレンの方の気遣いは極端です。例えば、一緒にいる人が、不機嫌だったとしましょう。普通の人ならば、相手が機嫌が悪ければ、相手に何かあったと感じ、何かあったのか尋ねます。しかし、アダルトチルドレンの人は、他人の不機嫌に責任を感じます。自分のせいだと思い込んでしまうのです。結果、相手の機嫌を取ろうと努力して、機嫌が直らないと自己嫌悪に陥ります。相手に嫌われたと感じ、孤立します。

ソロキャンプに救いを感じる理由は?

全てのことを自分一人で完結させます。周囲には誰もいません。もし仲間がいたとしても、それぞれが自分のことだけをします。アダルトチルドレンの方にとっては、これほど心地よい環境はないと思います。誰にも気を使わなくてよい空間。だれでも日常から逃げ出せる機会は持っておくべきでしょう。

私は、アダルトチルドレンの方にソロキャンプや一人旅はむしろお勧めします。決して症状から逃げ出しているとは思わないでください。そして、自分がアダルトチルドレンだと自覚しても、それはあなたの責任ではありません。これまでの成長してきた環境が悪いのです。ソロキャンプや一人旅で、日常と折り合いを付けれているのであれば大丈夫です。それでももしツライと感じるなら、症状を改善するためのマニュアルがあります。コンサルタントの方が作成したマニュアルです。これまで多くの方が使用し、実績を上げてきたマニュアルです。ご興味があればのぞいてみてください。

関連記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました