花粉症

花粉症シーズン2021。花粉飛散量と内服治療の開始時期は?

2021年の花粉症シーズンが近づいてきました。 まだ先じゃないの? お気持ちは分かりますが、あと2カ月もすると治療を開始する時期です。 スギ花粉の飛散量は? 2021年シーズンの花...
疾患

多発性硬化症と誤嚥性肺炎の関係性とリスク。予防のためには?

金平師匠がお亡くなりになったとの速報を見ました。死因は誤嚥性肺炎だったとのことですが、ずいぶん前から多発性硬化症で治療を受けられていたとも聞いていました。多発性硬化症は病状の進行に伴い嚥下機能が低下します。嚥下機能が低下すると、誤嚥性肺炎を...
抗不安薬

ゾルピデムの依存性について。服用について注意するべき点は?

ゾルピデム(商品名:マイスリー)は、製薬企業の売り文句の一つに『「非ベンゾジアゼピン系」のため、依存性が少なく安全に使用できます。』というのがあります。ベンゾジアゼピン系の睡眠剤であるエチゾラム(商品名:デパス)やトリアゾラム(商品名:ハル...
マスコミ

倫理とは?コロナ禍で要求される医療従事者への要求は妥当か?

茨城県の11月末に認定したクラスターに医師が10人含まれていたことが問題視されています。記事の中にある県内の医療従事者からのコメントである「倫理的に許されることではない」という言葉について考えたいと思います。 医師によるワイン会の開催で、...
薬剤

ベクルリーの副作用の発生状況は?国際共同試験の結果を確認。

先日COVID-19に対してのベクルリーの有効性と安全性のデータが医学雑誌(New England Journal of Medicine)に掲載されました。ベクルリーは国内ではすでに本年5月に特例承認を受けており、重症例に対しては現場で使...
乳癌

オプジーボとは?小林麻央さんが届かなかった乳癌への適応は?

オプジーボとは、腫瘍が得た免疫から逃れるために能力をブロックする効果を持つ薬剤です。医療現場では免疫チェックポイント阻害剤と呼ばれています。 参照:オプジーボとは?簡単に子供でも分かるように説明してみよう! このオプジーボが世に...
時事問題

リスミーが爪水虫薬に混入?眠剤とイトリゾールの併用の恐怖!

水虫・白癬の薬であるイトリゾールに眠剤であるリスミーが混入していたという衝撃的なニュースがあります。眠剤の影響により交通事故が起き死者も出ている模様。今後の詳細情報から目が離せません。 爪水虫などの治療薬に睡眠導入剤の成分が混入した問...
がん化学療法

オプジーボとは?簡単に子供でも分かるように説明してみよう!

免疫チェックポイント阻害剤であるオプジーボ。その薬効を説明することは、患者さんに治療方針を伝えるために必須の作業になります。患者さんによって理解度・知識レベルは様々で、相手を見ながらかみ砕くのですが、もし子供を対象にしたらどう説明するのか?...
がん化学療法

オプジーボの効果判定時期って決まっている?いつ行えばいい?

オプジーボの効果判定時期はがん種によって様々です。がん種というよりも試験によって様々と言ってもいいかもしれませんね。腫瘍の増悪スピードと病期(ステージ)によって異なります。例えば白血病や悪性リンパ腫のような日にち単位・週単位で増悪を来すよう...
鉛中毒

鉛中毒ってどんな症状が出るの?その対処方法はどうするのか?

鉛中毒とは、鉛を含む塗料を飲み込んでしまったときや、鉛の釉薬を利用し、不適切な処理しかしていない陶磁器で飲食することで生じます。現在鉛中毒の発症頻度は非常に低くなっています。現在では、鉛を含有する塗料の使用は禁止されており、ガソリン...
タイトルとURLをコピーしました