乾癬とは?症状は?治し方は?どくだみ茶が効くって本当なの?

皮膚炎

乾癬とは、免疫の以上によって生じる疾患です。皮膚には、細菌やウイルスと言った異物の侵入を阻止し、排除する役割があります。しかし乾癬の患者さんは、免疫が自分の皮膚を異物と認識してしまいます。すると免疫による攻撃が自分の皮膚に対して始まります。

乾癬の症状は?

通常、乾癬と言えば正式な診断名で「尋常性乾癬」を指します。症状としては、皮膚の一部に赤い発疹ができます。その表面に厚くなった角層が付着し、その後剥がれ落ちるといった症状がみられるのが特徴です。

引用:近畿大学病院ホームページ

かゆみについては、ある人とない人で半々です。かゆみが強くなるのは体が温まった時が多く、入浴時や後に増強します。その他刺激物の摂取(香辛料)やお酒を飲んだ後にも増強します。発疹が生じるのは、日常生活でこすれやすい部位によく出ます。頻発部位としては頭皮や生え際、肘、膝、臀部、下腿などです。

乾癬の治療法は?

乾癬は免疫の疾患です。症状は悪化と軽減を繰り返すため、症状に合わせて治療方法が決められます。主な治療方法は外用薬による治療、内服治療、光線療法、生物学的製剤による治療です。

乾癬の外用治療って?

主にはステロイドやビタミンD3による外用薬を皮疹に塗布します。ステロイドは免疫抑制剤です。ビタミンDは表皮細胞の増殖を抑制する効果があります。

乾癬の内服療法って?

皮疹の範囲が広く、かゆみが強い場合に選択されます。ステロイドを始めとした免疫抑制剤が使用されます。また皮膚の角化異常を抑制するためにビタミンA類似物質を投与することもあります。

乾癬の光線療法って?

光線療法とは紫外線を照射する治療方法です。塗り薬だけではコントロールできない時や、範囲が広い時に選択されます。適度な紫外線は過剰な免疫反応を抑制します。したがって適度な日光浴は乾癬患者さんには推奨されます。

乾癬の生物学的製剤って?

生物学的製剤とは、バイオテクノロジー技術によって生み出された医薬品を指します。主に自分の体を攻撃する抗体をターゲットにした抗体を投与します。効果が非常に高い反面、費用も掛かります。また副作用の観点も要注意です。

乾癬にどくだみ茶が効くって本当なの?

一般にどくだみ茶は皮膚疾患に良いと言われています。アトピー性皮膚炎にも良いと言われますよね。その理由は?と聞かれるとデトックス効果と答える方が多いです。正書を当たっても科学的な根拠を見つけることはできません。考え方としては漢方薬と同様の考え方なんだと思います。どくだみ茶によって乾癬体質を改善させるということでしょう。その証拠にどくだみ茶の効果を示しているのは、ほぼ漢方医です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました