医師が処方箋を偽造?なぜ?どうやって?目的は?

時事問題

処方箋を偽造し、勃起不全(ED)治療薬を薬局からだまし取ったとして、大阪府警が同府岸和田市の市立岸和田市民病院の医師、加藤元一容疑者(62)=収賄容疑で逮捕=を詐欺などの疑いで追送検していたことが、捜査関係者への取材で判明した。「薬は自分で使った」と容疑を認めているという。

引用:毎日新聞

加藤元一容疑者は、「花粉症の共同研究で賄賂?なぜ便宜?医療健康資源開発研究所って?」で紹介した医師です。この時は社団法人側に何か問題があるように感じていましたが、医師側に問題があるのでしょうか?社団法人に関しての続報はありませんでしたが、今回医師側で問題を指摘されています。

処方箋偽造の目的って何なんでしょうか?医師は自分に薬を処方することはできません。医師法や健康保険法などでは自分自身への診療を明文規定で禁じてはいません。しかしながら、少なくとも自分への診療を保険診療報酬請求することはできないとされています。明文化していないのは僻地などで医師が一人しかない状況などもあるからでしょう。したがって自分への診療を行い、かつ保険診療報酬請求を行ったのであれば罰せられる可能性はあります。ただバイアグラは自由診療(全額自己負担)でしか処方されないので、保険診療報酬請求はできません。

処方箋は同僚の医師名で発行されていますので、同僚の医師が感知していない状況で勝手に処方箋を発行されたということでしょうか。医師も体調を崩すことはあるでしょう(今回はバイアグラなので関係ありません)。薬を必要とすることもあるでしょう。そういったときには同僚の医師にひと声かけて薬を出してももらっているんじゃないでしょうか?よっぽど同僚との関係が悪くなければ頼まれた薬を出さない医師はいないんじゃないですか?ある意味診療拒否に当たるかもしれないので。なんで加藤容疑者はこんなことをしたのでしょう??バイアグラを処方するのが恥ずかしかった?そんな子供じみた理由で罪を犯しますかね?

花粉症の共同研究で賄賂。捜査が大きすぎ!?裏に何かあるぞ!!」でも書きましたが、なんか事件の内容以上に検察とマスコミの取り上げ方が大きすぎるような気がします。まだまだ大きな事件が隠されているかもしれません!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました