WHOの台湾の参加不可だと!?今こそテドロスの辞任要求を!

新型コロナウイルス肺炎

18日に開幕する世界保健機関(WHO)の年次総会について、オブザーバー参加を求めている台湾の呉※(金ヘンにリットウ)燮外交部長(外相)は同日、「WHO事務局から総会への招待がなかった」と述べた。  これにより台湾は4年連続で総会に参加できないことになった。呉氏は「WHOは中国の圧力に屈服した」と批判。WHOに抗議文を送る方針だ。

引用:時事通信

あり得ません。新型コロナウイルス感染は人類共通の敵です。敵と戦うのには仲間が多い方が有利なのは言うまでもありません。そのような当たり前のことも中国への忖度で台湾の参加を見合わせるなどと言語道断としか言いようがありません。これまでのWHOの中国への対応には苦々しい思いをしてきました。しかし今回は特別です。

日本を始め、今回台湾のWHO参加を促してきた国々はWHOと中国を外した台湾を含めた新型コロナウイルス感染拡大対策の会議体を作るべきです。中国を入れても結局のところ真実が出てくるとは思えません。この会議ではせっかくですから、「石正麗氏」を招集しましょう。彼女の知識は人類が新型コロナウイルスと戦うには必要です。

医学は科学です。科学は政治に左右されることなく、物事の真理を追究するものです。結果が時の権力者にとって不都合なこともあるでしょう。しかしそれが人類の発展によってなされた事実である限り隠蔽することは許されることではありません。世界の公衆衛生、保健、医学の知識を統合して世界中の人々の健康に貢献することのできないWHOはもう不要です。WHOをそこまで凋落せしめたテドロス事務局長は辞任するべきです。

もう拒否権などが幅を利かせる国連に世界が右往左往されるのはコリゴリです。そもそも中国が拒否権を持ち国連に大きな影響力を持っていることが問題なんです。そもそも拒否権を持つ中国は台湾だったはずです。その歴史を再度国際社会は認識するべきです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました