新型コロナ感染の影響で医薬品が品薄に!?入手困難の薬剤は?

新型コロナウイルス肺炎

村井泰介専門委員(バイタルケーエスケー・ホールディングス社長)は、現在の医薬品卸は医療機関や薬局への配送業務に特化していると説明した上で、「800アイテムを超える医薬品が品薄の状況で、製薬企業から何らかの出荷規制がかかっている。毎日をその商品手配、在庫配分の調整などに多くの労力を費やしている。このような状況では薬価調査はご勘弁願いたいのが本音だ」と心境を吐露した。

引用:日刊薬業

海外の工場が一時閉鎖されていたり、輸送ルートが寸断されていたりと薬剤のサプライチェーンにも影響が出ています。様々な薬剤の在庫が品薄になっているようです。今のところ私が処方する薬剤で断られることはありませんが、可能なら次からの処方で別の薬剤を考え欲しいと言われた薬はあります。代表は「オルベスコ(一般名シクレソニド)」です。以前にもアップしましたが、新型コロナ感染症に効果があるかもしれない薬剤ですね。

流通に制限がかかっており、卸の在庫もあまりないようです。薬剤の海外からの輸入についても以前アップしています。

抗がん剤については1カ月程度は投与が遅れてもそれほど大きな影響はない癌もあるので一概に品薄だと騒ぐ必要はありません。一部白血病のような急激に悪化する癌に適応のある薬剤は何とか在庫を維持してもらいたいです。薬剤自体は国内の工場で製造していても、その原料は輸入している製品もたくさんあります。そういった薬剤についての在庫も厳しいと思われます。代表はレアメタルを含むような薬剤ではないでしょうか?例えばバイエル社のホスレノールという薬剤があります。この薬剤は透析患者などの腎不全患者さんの高リン酸血症の治療に用いられます。この薬剤中に含まれる炭酸ランタンはレアメタルの1種であり、かつて中国がレアメタルの輸出を制限した時に製造が困難になるのでは??と市場が不安になったことがありました。今現在そういった情報はありませんが、新型コロナ感染が落ち着かない限り薬剤のサプライチェーンは安定しないでしょうね。

その他品薄になる可能性のある薬剤としては、長期収載品目です。ジェネリック薬品といったほうが分かりやすいですかね。ほとんどの薬品が中国やインドなどからの輸入品です。それぞれの品物は品薄になりますが、そもそも数社が製造販売しているので、同効薬すべてがなくなるという心配はないと思います。一つ一つの薬剤の調査は厚労省で既に行われています。詳細が明らかになればまたアップしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました