成功する人が持つメタアウトカムとは? ‐ ニュープロで学んだこと

ビジネススクールで学んだこと

あるスポーツ選手と有名なコーチとの話を例として挙げたいと思います。あるスポーツ選手は、当時のトッププレイヤーに大敗した時の敗因として、「尊敬しすぎて、勝つ気持ちが持てなかった」という理由を挙げたといいます。トッププレイヤーになるためにはすべての敵を倒さなければなりません。当然、就任したコーチは、「対戦相手のひとり、コートでは倒すべき敵だと思え」と何度も言い聞かせました。その結果、その選手は、「私は誰にでも勝てる」と自分のことを信じることができる様になり、それまで全く敵わなかった相手に勝利することができました。「勝てるはずがない」というビリーフから、「必ず勝てる」というビリーフに変わった時、現実の勝敗も変わったのです。

この話から分かることは、もし「憧れだった選手と対戦してみたい」ということがアウトカムであったとしたら、その先の成長が見込めません。したがって、アウトカムの向こうを見ておくことの重要性が分かります。アウトカム達成のさらに先を見ることは、大きなモチベーションに繋がります。自分の成功確率を上げる為に、次のような言葉についても考えてみましょう。

「より高い目標を持ちましょう!」

「それは何の為にやるのかを意識しよう!」

「練習や獲得する技術やテクニック、スキルは、何の為にあるか考えなければならない」

こういった言葉は、今、目標にしているアウトカムのその先に焦点を当てる言葉です。「あなたは、何の為にアウトカムを達成したいのですか?」、「アウトカムを達成することで、いったい何を手に入れたいのですか?」、「達成することの意義は何ですか?」。こういった質問を、自分に対して行うことは、アウトカムをより高い目的とつなぐことになります。より高い目的につなげることができれば、モチベーション・コントロールに役立ち、そしてやる気マネジメントにも役立ちます。

アウトカムの達成が、より良い将来や未来に繋がり、またより高い目的に繋がっているほうが、達成できる確率は上がります。 アウトカムを意義・人生の目的といったより高いレベルのアウトカムにつないで考えることは重要です。

あなたの動機やアウトカム達成をサポートするということに活用することができます。 アウトカムを設定した時に、同時にメタアウトカムも設定することで可能になります。メタアウトカムとは、アウトカムの先にあるさらに高いレベルのアウトカムという意味です。 今やっていること、成功することを目標にして行動していること、お金持ちになるために行動していることが、自分の人生の為、また家族の為と感じることができれば、モチベーションが上がります。

「私は、より大きな目的の為に、成功しなければならないのです」。

成功することは必須です。いわゆるマスト志向です。設定したアウトカムに、使命感を感じるようになれば強いです。自分が自分の設定したアウトカム達成にコミットするということですね。モチベーションが上がり 実行力が増せば、スピード成功の達成率が上がるのは当然のことです。メタアウトカムを見ると、設定したアウトカムはあくまでも通過点です。 通過点という印象は、できて当然という感覚になりやすくなります。アウトカム達成が、精一杯なことでなく、楽に達成できる印象に変わる影響があります。メタアウトカムは、8フレームアウトカムなどアウトカムの適格化の中でモチベーションの維持に大きく影響しています。より大きな目的を設定し、その目的に対して達成することに使命感を持つことは、成功に向かう活動を支えます。したがって、メタアウトカムを意図的に設定して、メタアウトカムもアウトカムと共に焦点を当て続けることで、スピード成功の確率が上がります。

アウトカムに対して、意味や意義、そしてより大きな目的というメタアウトカムを設定することは、パワフルなモチベーションを与えてくれます。さらに、メタアウトカムを設定すれば、アウトカムはあくまでも途中の通過点という印象に変化します。アウトカムを達成した後のことを考えることができます。アウトカムは何の為に達成したいかを考えることができるのですから。例えば、お金持ちになることを考えてみましょう。なぜお金持ちになりたいのですか?お金持ちになることは、手段で合って目標ではありません。こういった話は成功哲学や自己啓発の分野でよく聞きます。メタアウトカムという目標を持つことは、同じようなことを言っている側面もあります。お金を得ることが最終目標ではありません。お金を得て、それを使うことで手にしたい状態や感情が目標なはずなのです。お金持ちになることで、人生をより良くしたいという一つの手段です。

設定したアウトカムを、「できて当然である」、「そう成って当然だ」、「それを持っていて当然だ」、といった感覚を無意識が持つことができれば、目標の達成というのは、強力なパワーを持つ無意識が連れて行ってくれるイメージとなります。メタアウトカムを設定することで、またアウトカムを達成した後のことを考え、アウトカムは何の為に達成したいかを考えることにより、アウトカムが途中の通過点という印象になり、それによって、「できて当然である」、「そう成って当然だ」、「それを持っていて当然だ」、といった感覚が生成させます。例えば、学校の入試で考えてみましょう。行きたい学校に合格したいのは、その学校でやりたいことがあるからですよね。その学校を卒業した後のことまで考えていますよね。 何の為にその学校に入りたいのか?なんのために入試に向けて勉強しているのか?がはっきりしている人の方が、受験合格に向けたモチベーションが高いはずです。理想の人生を描きましょう。その人生ために、お金持ちになるというメタアウトカムがあったほうが、同じようにモチベーションが上がりますね。

メタアウトカムの設定は、より大きな目的や意義、意図の設定ともいえます。そういった目的は、ニューロロジカルレベルのアイテンティティーや信念・価値観に影響を及ぼします。自分はXXな人生を送るべきだと考え、自分はそのような人生を送る人間であると考えると、それに必要な能力を習得し、行動し、そのような環境に身を置きます。こういった一致感は、スピード成功に役に立ちます。人は誰でも、なんとなくであっても人生観を持っています。多くの人が何かより大きな目的や意義の為に生きたいと、潜在的に欲求を持っています。そういったことは、セルフイメージやアイデンティティに影響を及ぼします。それは価値観・バリュー、信念・ビリーフに関係しています。

人の反応や行動が、どんなメタアウトカムの達成を求めているのか?そういった視点を意識することができれば、相手への理解につながり、相手への理解がより深いものとなります。それはラポールを作ることにも役立ちます。ラポールの形成は、ビジネスの成功につながります。相手への理解を深めるスキル獲得のリソースとして、まずは、自分のさまざまな振る舞いや反応が、何を求めているものなのかを意識しましょう。 そういったことに敏感になれば、自然と洞察力が強くなっていきます。スピード成功のために、お金持ちになるために、メタアウトカムを設定しましょう。ニューロ言語プログラミングを勉強していけば、できる様になります。

私が学んでいるネットビジネススクールは↓

BMTSprogram

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました