成功者の秘密?成功を引き寄せる方法?NLPでお金持ちに!

ビジネススクールで学んだこと

成功哲学の本を手にしたことがありますか?成功哲学の本を通して、成功した人について考えたことがありますか?本を読むと成功者の多くは、アウトカム志向であるということに気が付きます。何度失敗しても失敗でめげることなく、リフレーミングすることで、失敗を失敗とは思わず、逆に成功の種としてとらえます。そのような姿はものすごくポジティブシンキングな人であり、楽天家に見えることがあります。しかしながらそういった失敗に対しての姿勢は、成功する為に役立つリソースになると思います。

1.アウトカム志向とは?失敗しても、その都度、アウトカムに再焦点化するには?

成功する人は、失敗に直面して、少しぶれることがあっても、すぐに本来の目的や目標に意識を向けることができます。つまり、成功する人は、アウトカムに対してブレが圧倒的に少ない人であると言うこともできます。失敗して落ち込むことがあっても、気分を切り替え、本来の目標を見失いません。失敗しても、失敗したことに焦点を当て続けることはせず、必ずアウトカムに再焦点化することができます。そのうえで、失敗を分析・認識して、本来のアウトカムとの差・ギャップに目を向けることができます。ギャップを埋めることができれば自ずとアウトカムを達成することができます。焦点化した先が何時までも失敗では結果は伴うはずがありません。失敗した事実に対して、落胆の思いで焦点化し続けるとその人は弱い状態であり続けます。弱い状態では、成功に近づくことはないでしょう。その反対に、今とアウトカムの差に意識を向けることができれば、何が足りないのか?、あと何をどれくらい積み重ねればいいのか?、それによってどの程度アウトカムに近づくか?、に焦点を当てている人は、成功に適した良い状態になっています。

以上のことは、成功者のリソースとして考えられるステートコントロール、状態管理の一つと言うこともできます。ステートコントロールとは、思考、感情、身体はそれぞれが関連して反応していることを指します。例えば泣きながらくきっぷすることは困難ですよね。こういったリソースは、成功者になる為にはモデリングしたい部分です。失敗したことも、落胆の材料にするのではなく、成功の家庭の一つとリフレーミングすることで、アウトカムに再焦点化し、前に進むことで、達成に向けた次の一手を選ぶことができます。成功するまで、成功に焦点を当て続けることができる人が成功者になれます。これが「成功者とは、アウトカム志向である」と表現した理由になります。

2.アウトカム志向は成功のための一つのスキルである。

アウトカム志向は成功するための1つのスキルです。アウトカム志向を、無意識レベルにインストールすることができれば、成功に非常に役立ちます。アウトカム志向を無意識レベルにインストールできれば、「自動成功ステートになった」と言っても良いのではないでしょうか?アウトカム志向が自身のプログラムとして、無意識レベルにインストールされていれば、意識しなくてもそのプログラムが動作します。つまり、意識していない時も、設定していたアウトカムに焦点を当てる続けることができるということです。アウトカムを設定すれば、何度もアウトカムへの再焦点化が起ります。失敗の後でも、一旦落ち着けば、アウトカム志向のプログラミング動き出します。そういった連続の中で、設定したアウトカムが無意識に刻まれます。設定したアウトカムが心と体に刻まれれば、時間の経過で、アウトカム達成に必要なスキル習得が進むことになります。

3.自動成功ステートとは?

  • アウトカムを無意識に刻み込むこと
  • 必要なスキルを学習の4段階目(無意識的有能力、ギアフォース)まで磨き上げること。この状態になれば、アウトカム志向を無意識レベルにインストールし、時間の経過とともに、必然的に成功へ到達するようなイメージを持つことが可能になります。

自動成功ステートになると「私は、成功して当然だ」、「私は、お金持ちになることができるのは当然のことだ」と言った感覚が当たり前のように感じられます。なるべくして、なるという感覚が、成功を支えてくれます。自動成功ステートになるためには、アウトカム志向のプログラムを無意識レベルにインストールする必要があります。NLP(ニューロ言語プログラミング)を学ぶことで可能になります。

 4.ニューロ言語プログラミングを通して

ニューロ言語プログラミングを通すことで、アウトカムに関するモデルやワークを多く体験し、練習することができます。日常的にも使うようにしていくと、適した場面でアウトカム志向になることが可能になります。「インターネットを活用して、お金持ちになりたい!」、「英語が話せるようになりたい」と願ったときに、アウトカム志向が染み付いていれば、何度も何度も繰り返し、そのアウトカムに焦点があたります。願いが、目標が無意識レベルに刻み込まれます。無意識レベルで、そうなることが当然だと感じることができる人は、それが達成するまで、TOTEモデルを繰り返し、到達する日が来ます。成功を目指す時に、アウトカム志向を無意識に入れ込むことは非常に有効な手段です。アウトカム志向を無意識に入れ込むことからスタートを切ることができれば、それは、そう思わない人に比べて加速的に早く成功します。

アウトカム志向はあなたを成功者(お金持ち)に導きます。アウトカム志向になることができるまで、アウトカムフレームを使い、活用する。加速成功・スピード成功には必要なスキルと言えます。設定したアウトカムが心と体に刻まれた時、無意識下の巨大なパワーが、アウトカム達成を後押ししてくれるのです。一日中、24時間、ずっと、アウトカム達成にベクトルが向いている自分になれます。そうした姿勢や状態は間違いなく大きなパワーとなります。無意識に、成功に関して必要な情報を脳が自動でリサーチをしている状態になります。 アウトカムを、成功やお金持ちになることに設定して、アウトカムフレームを有効利用しなくてはいけません。

5.アウトカムフレームとは?

アウトカムフレームには、8フレームアウトカム、GEOモデル、チェーンプロセス、T.O.T.Eモデルゴール設定コミュニケーション、ゴール設定ライティング、目標設定してからの読書、目標を紙に書くことといった方法があります。ニューロ言語プログラミングにはアウトカム志向を強化するためのスキルがたくさんあります。これらをどんどん使っていくことでアウトカム志向が強化され、そして成功を引き寄せることが可能になります。

アウトカム志向もラポールスキルと同様、第4ステージ(無意識的有能力・ギアフォース)にすること重要です。それによって自動成功モードになります。アウトカムは外から来るものです。自分の手で引き寄せているものです。ニューロ言語プログラミングは、成功への扉を開く鍵(キー)となりえます成功者が成功する秘密(シークレット・オブ・サクセス)とは、アウトカム志向プログラムを無意識下にインストールすることと言えます!

成功のためにはニューロ言語プログラミングは有用です。ニューロ言語プログラミングを学び、使い、お金持ちになりましょう!

関連記事

・ニューロ言語プログラミングで成功者に。ラポールの重要性。

BMTSprogram

コメント

タイトルとURLをコピーしました