成功者が成功する秘密?成功が簡単に自動化する知恵を知ろう。

ビジネススクールで学んだこと

成功への人の基本性質を知りましょう。そしてその基本性質を上手く利用するのが賢いやり方です。その基本性質とは「快楽原則」です。快楽原則とは、人が「快」を求め、「痛み」を避けるという性質のことを指します。あなたが、何に「痛み」を関連付け、何に「快」を関連付けているか?コーチ役の人に書換えてもらえば成功体質を手に入れることができます。

何に「快」を感じ、何に「痛み」を感じるのか?それは、人によって、さまざまですよね。このことが人の多様性を生みます。また同時に成功者と成功できない人の違いも生み出します。快楽原則、人が「快」を求め、「痛み」を避けるという性質を知ることで、成功に向けての活用法を知ることができます。しかも、その活用法は、実に他力本願です。まさに自動成功と言ってもいいでしょう。そんなことを知ると、もう成功に向けて利用しない手はありません。快楽原則の活用法を知ると、「あ~、なるほど!だから成功者は成功するんだ。そんな簡単なことで成功者と成功しない人の違いを作るなら私も試してみます!」。そう感じると思います。

一つここで質問です。なぜ、大きな成功をしている人は、自分にパーソナルコーチをつけたり
エグゼクティブコーチングに、数百万円以上の費用をかけていると思いますか?成功者たる資質や能力を持っているのであれば、今更そのようなもの必要ないと思いませんか?しかし、成功者とは、原理原則を知っていて、それを活用する人のことを指します。成功者が活用している原則です。それを知って、あなたも成功者になりましょう。私の考えでは、成功者は快楽原則である、人が「快」を求め、「痛み」を避けるという性質を理解し、自分でも、原則を活用している人が多いと思います。たまに、原則のことは知らないが、原則にのっている方もいます。しかしながら、成功しているほとんどの人は、この快楽原則を意識化・無意識下に、活かしています。しかも、快楽原則を生かすことは簡単です。他力本願なのに活かせます。その果、成功は自動化され、加速されます。

例えば、タバコを吸う人は、タバコを吸うことに「快」を感じている人が大半です。逆にタバコを吸わないと選択した人は、タバコを吸うことに「痛み」を感じています。「快」を感じている人は、タバコを吸うことで、落ち着くことができる、リラックスできる、格好良いなどという感情を紐づけています。逆にタバコを吸わないと選択した人は、臭い、体に悪い、格好悪いなどという感情を紐づけています。どちらが健康に良いのか?ここでいう健康は、成功と言い換えることができます。つまり、あなたは成功に向けての行動にどのような意味づけや、どんなことを紐付けていますか?そんな行動が、成功するか、成功しないかを決めてしまいます。禁煙に成功する人もいれば、禁煙に失敗する人もいます。ニコチン中毒の影響も無視できませんが、禁煙に成功する人と成功しない人の違いに目を向けるとその成功メカニズムが紐解かれます。同様に人生の成功や経済的成功にも同じ結果が生まれます。

快楽原則は、人間に生まれつき備わった無意識的、衝動的に快楽を追求するという傾向を表す心理学的な用語です。人間が快楽を求め、苦痛を避けること行動をとることで自分の欲求を満そうとします。快楽原則の反対の用語に現実原則という用語があります。現実原則は現実生活に適応するために、快楽だけを追い求める本能的欲求を、一時的または永久にあきらめることを表します。現実原則の判断により、必要に応じて充足を延期できるようになります。この人に本来備わっているとされる「快楽を求め、苦痛を避ける」性質・快楽原則を自分の成功に役立ててみましょう。

人によって、何に痛みを持ち、快を感じるかは様々です。経済的成功に向けた行動をするのに「痛み」を感じる人もいれば、「快」を感じる人もいます。さて、次の例で、どちらが成功すると思いますか?

成功に向け、インターネット活動を行うことが「痛み」と感じる人

「また、今度にしよう・・・」「明日でもいいじゃん」となる人

逆に、インターネット活動を行うことが「快」と感じる人

「よし、今日やろう!やりたい!楽しい」

「もう今日は時間がない!もっとやりたいのに!あと30分だけ寝る時間を遅くしてやりたい!」

後者の方が、着実に成功に向かうと思いませんか? こういった時間の使い方によって、1日24時間の中で数時間の差が生じます。その数時間の差は、1週間、1ヶ月、1年でどれだけの差を生むのでしょう!?その差が、成功と失敗や挫折を生んでいるのです。成功に向かっての活動を「快」にすれば、成功は自動化されます。成功は加速されます。そう思いませんか?

実は、簡単に行動を「快」にする変換する方法があります。作業をして報告をすると「褒めてもらえる」環境に身を置けば簡単に「快」を得らえます。SNSで「いいね!」をもらえるだけで「快」になります。また定期的にコーチングを受けるのも良い手段です。有料のコーチングでなく、ずっと無料でコーチングを受ける方法もあります。それは、コーチングの練習を交互できる環境にいれば良いのです。また、コーチング練習ではコーチ役のヒトは積極的に傾聴してくれるので、クライアント役をすれば、自己重要度がどんどん満たされます!これも、成功に向けた行動が「快」になる方法です。

「快」を求める⇒脳内物質で気持ちいい⇒もっとしたい⇒強化

あなたがスピード成功したいのであれば、成功に向けた行動を「快」に書き換え、そして強化すれば成功は自動化され、加速します。 私たちのスクールでは、成功コーチングを練習するマニュアルは、コーチ役は傾聴することになっています。そして、褒める、認める(励まされる)ということを大切にしています。これにより、クライアント役の自己重要度が満たされます。スクールではコーチングの練習を推奨しています。その理由がお分かりいただけたかと思います。マニュアルには、クライアント役で練習を体験する人に成功して欲しいという願いがこめられています。

今回は、成功するために、快楽原則が活用できる話をしました。成功体質を手に入れる為に、成功を自動化する「快」の書き換えが重要です。書き換え方は、コーチング練習により、促進されます。スクール内のマニュアルで、どんどんコーチング体験ができれば、快楽原則を活用にできる様になると感じました。

私が学んでいるネットビジネススクールは↓

BMTSprogram

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました