詐欺師、振り込め詐欺。私の経験を共有します。

時事問題

振り込め詐欺はあの手この手を使って新たな技を生み出すので、なかなか撲滅されませんね。そんな中先日私が経験した振り込め詐欺についてご紹介します。いわゆる募金詐欺というやつです。

1.詐欺の内容は

私の母校はもうすでに100周年も超えているような古くからの学校なんですが、その1XX周年記念事業のために寄付金を募っていると勤め先の内線に電話がありました。連絡先はOO学校同窓会事務所。ちょうどその時間は手が離せない業務があったため、詳しい話を聞くこともできず、書類を送ってくれって言って切ろうとしたら、今から言う口座番号に振り込んでくれ、一口3万円からですの繰り返し。忙しい時に電話先の都合を押し付けられて頭にきた私は電話を切りました。

2.詐欺が判明した理由

仕事終わりに冷静に考えてみて違和感を感じます。私の母校のOBは名だたる方がたくさんいらっしゃいます。1流企業の社長さんから政治家までたくさんの方がいます。100周年記念行事の時は在校生は1円の寄付もなく、食堂と合宿ができるビルが建ちました。そんな母校から寄付金の催促??これって詐欺じゃない?と思い、同窓会に電話をしてみました。案の定そんな電話はこちらからはしていないとのこと。早速同窓会のホームページを通して募金詐欺が行われていることを注意喚起していただきました。ちなみに指摘された口座は警察に連絡したので、きっと凍結されているはず。

3.私の連絡先はどこから?

私は薄情な卒業生なので、同窓会名簿の更新はしていません。よって卒業生で私の職場を知る人は非常に限られています。友人にメールで確認したところ、誰も知りません。私の情報の流出元は、母親でした。どうも私の同級生と名乗る人が実家に電話をかけ、今の勤務先を知ったよう。まぁ母親からすると疑いませんよね?母親に募金を要求しなくてよかったです。私の実家の連絡先は同窓会名簿がどこからか流出したのでしょうね。

4.詐欺を見抜くには?

どんな形であれ、正常のお金のやり取りには証明が必要になるはずです。ですので、やましい感情がないお金のやり取りにおいては振込用紙や請求書を要求するべきでしょう。振込用紙や請求書を見て振り込む相手をしっかり確認しましょう。相手が正体を偽装している可能性もあるので、自分でGoogle等の検索サイトから調べましょう。相手が指定しているアドレスを使ってはいけません。

ご家族や親族との連絡は取っていますか?自分が無事であり、特にトラブルに陥っていないことを相手に知らせて置けば防げる詐欺があります。新型コロナ感染拡大でお会いできていない方も多いと思いますが、ご自身の親や祖父母を守るためにも定期的な連絡をかかさないでください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました