ポビドンヨードうがい薬でコロナ陽性率が低下?そのわけは?

薬剤

大阪府の吉村知事と大阪市の松井一郎知事は8月4日、医療機関とともに記者会見を開き、ポビドンヨード配合のうがい薬が新型コロナウイルスの感染対策に効果が認められるという研究結果を発表した。コロナ軽症者にうがいを実施したところ陽性頻度の低下が確認されたという。
大阪府の宿泊療養施設の療養患者41人を対象に1日4回、「ポビドンヨード」によるうがいを実施したところ、ウイルス陽性率の低下が認められたという。4日間でうがいを実施していない人の陽性率は40%までしか低下していないのに対し、うがいを実施した人の陽性率は9.5%まで低下したという。

引用:日本ネット経済新聞

対象が41名という非常に限られた人数でのデータですので、これをもってポビドンヨードの効果があると断言するのは早計だとは思います。「新型コロナ感染の軽症者に効果がある可能性がある」というのが正しい言いかたでしょう。個人的な予想ですが、おそらく重症者には効果は認めないでしょう。

1.ポビドンヨードうがい薬が軽症者に期待できるわけ

新型コロナウイルス感染者の重症と軽症の差はウイルスがどこまで侵入しているか?と考えられています。つまり重症者は肺の中、下気道にまでウイルスが侵入しており、軽症者は鼻粘膜や咽頭といった上気道までしか侵入を許していないと言われています。うがい薬ですから、上気道までしか効果はありませんよね。上気道までは消毒できるのであれば軽症者にはいいかもしれませんね。

2.ポビドンヨードうがい薬の予防効果は期待できる?

今回の試験結果はあくまでも軽症患者を対象にしていますので、予防効果を確認したわけではありません。新型コロナウイルスと言えども、基本的にはウイルスには違いないので、うがいは水でも十分と考えます。2006年に「水でうがい」「ポビドンヨード水でうがい」「何もしない」の3群に分けた風邪の予防効果の研究発表がありました。冬場に、全国で18~65歳の合計約380名のボランティアが参加しています。観察期間は2か月です。結果は「水うがい」は、「何もしない」に比べてかぜの発症を40%減らしました。これにより「水うがい」 のかぜ予防効果が実証されました。「ポビドンヨード水でうがい」では、「何もしない」と差がありませんでした。「ポビドンヨード水でうがい」には、はっきりした予防効果を認めませんでした【参照: 里村一成, 川村 孝, うがいによる風邪の予防効果. Medical Practice, 23(8):1460-1461, 2006】。予防効果を期待するなら水うがいで十分でしょう。

SNSでは、このデータをもってイソジンが品薄になるのでは??と心配されています。また転売ヤーの暗躍も心配されていますね。個人的には上記のように予防効果に期待はしないほうが良いと思いますので、急いでドラッグストアに行くこともないかなと思っています。1点気になっているのですが、ウイルスの検査です。咽頭や唾液のPCR検査を使用しているのであれば陽性率が改善するのは当然な気もします。なんにしてもバタバタする程度の情報とは思いません。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました