日本発の薬で新型コロナ肺炎治療開始!?副作用は?値段は?

新型コロナウイルス肺炎

加藤勝信厚生労働相は22日、新型コロナウイルス感染に対する治療に、新型インフルエンザ薬として政府が備蓄している「アビガン」(一般名ファビピラビル)が使えるか、検討する方針を明らかにした。数日内に必要な手続きを行い、効果を確かめる臨床研究を始めるという。

引用:朝日新聞

アビガンは富士フイルム富山化学が開発製造した薬品です。2014年当時にタミフルなど既存の抗インフルエンザ薬が効かないとされた新型インフルエンザに対する治療薬として承認され、備蓄されている。ただし胎児への奇形のリスクの懸念があり、政府が必要と判断しない限り投与できません。副作用は胎児奇形以外にはタミフルなど他の項インフルエンザ薬と同様に異常行動、ショック、アナフィラキシー、肺炎、劇症肝炎、肝機能障害、黄疸、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群等があります。

値段についてですが、実際に投与される事態に至っておらず、また市販されている訳ではないので、薬価収載がされていません。薬価とは保険診療における薬品の値段を指します。薬価は基本的には類似薬があればその薬価を基準にして付けられます。類似薬がない場合には、適応疾患の他の治療薬の値段、それもなければ薬の作成する上での原価をもとに算定されます。今回の治療費については特定疾患に指定されていますので、国民への負担は生じません。薬価の心配は富士フィルム富山化学がするだけですね。

新型コロナウイルス感染症に関しては、高齢者だけで重症化例が認められており、妊婦や妊娠可能な年齢も女性、もしくは性行為によって妊娠させることが可能な男性に使用される頻度はほぼないと思います。まれにいるとは思いますが、そういった患者さんについては性行為そのものを禁止するか、厳密な避妊を要求され、かつ同意書へのサインを求められると思わます。すでに中国・米国では臨床試験が進んでいます。あと数週間、早ければ3月末には臨床試験の成績が発表されると思います。その段階で有効な薬剤が同定されていればよいのですが、治療薬については武器は多いにこしたことはないでしょう。今からでもできることをしてほしいと願うばかりです。

3月18日の発表で、中国の臨床グループがアビガンの臨床効果を確認したようですね。引き続き臨床試験の結果を追いかけたいと思います。

【北京時事】中国科学技術省は17日の記者会見で、新型コロナウイルス感染患者の治療薬として、富士フイルムのグループ会社が開発した新型インフルエンザ薬「アビガン」の有効性を臨床試験で確認したことを明らかにした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました