メチルアルコールを含む密造酒で死亡?体の中で何が起きてる?

アルコール依存症

昔から安価でアルコールの純度を上げようと、メタノール(メチルアルコール)を混ぜた密造酒が出回るニュースはよくあります。そしてその都度事故が起き、多数の死者が報告されています。

【AFP=時事】イランで、アルコールを摂取すれば新型コロナウイルス感染症の治療の一助になるとうわさされた後、メタノール中毒により27人が死亡した。国営イラン通信(IRNA)が9日、報じた。

メタノール(メチルアルコール)は体内でどうなるの?

エタノールは体内にで分解されるとアセトアルデヒドになりますが、メタノールは体内で毒性の高いホルムアルデヒドに分解されます。その後腐食、浸透性があるギ酸に分解されます。

メタノール中毒の症状は?

メタノールやギ酸の中毒は軽症では悪心、めまい、腹痛など、また重症では視力障害、呼吸困難、意識障害といった症状があらわれます。メタノールは8ml~30mlを飲用するだけで失明し死亡する可能性があります。ただし、メタノールの容量には個人差が大きく、同じ濃度(40%)のメタノール溶液でも、15mL服用することで死につながってしまった例もあれば、500mL服用して生存できた例も報告されています。だからと言って飲んだからと言って大騒ぎしなくてもよいと言っている訳ではありません。メタノールそのものを飲用することは非常に危険であり、絶対にするべきではありません。

メタノールは少量でも危ないの?

ほんの少量ではありますが、メタノールを含んでいるお酒はあります。特に果実を原料とするお酒に含まれています。ブランデーや赤ワインですね。ただ、市販のブランデーや赤ワインを飲んでメタノール中毒になる人はいません。赤ワインに比較的多く含まれていると言われていますが、密造酒ほどではありません。そもそも果実には少量のメタノールが含まれています。市販のお酒のレベルでは中毒を気にする必要はないでしょう。

悪酔い・二日酔いの原因はメタノール?

蒸留の過程でメタノールは減りますが、安価な外国製の赤ワインは、処理が不十分でメタノールが比較的多く含まれてる可能性はあります。赤ワインで悪酔い・二日酔いする経験はありませんか?そういう時は、決まって安価な赤ワインを飲みすぎたときのような気がしませんか?これは、赤ワインに含まれているメタノールが原因かもしれません。メタノールの含有量が明記されているお酒はまずないのと思いますので、飲みすぎには注意ということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました