マスクは飽和状態!?今後の値下がりは必至!医療従事者も大丈夫?

新型コロナウイルス肺炎

昨日久しぶりにドラッグストアでマスクを売っているのを見ました。午前中に妻が買い物に行き、買い忘れたものを夕方に私が買いに行った時に見ました。妻は朝たくさんのお客さんがマスクを買っているのを見ていたので、それにも関わらず夕方にあったという事実に驚きました。

実際に卸売り対象の総合ネットショップである「スーパーデリバリー」を確認したところ、即日出荷可能のサージカルマスクが何社からも売り出されています。価格は1枚30円~50円と言ったところです。一時1枚100円~200円超していたころを考えると値下がりが始まっています。卸売り販売でこれだけ値崩れが起き始めていますので、小売価格の低下と流通量の回復はもうすぐでしょう。我が家には「アベノマスク」はまだ来ていませんが、アベノマスクの到着を待たずして通常の販売ルートが回復してしまうのではないでしょうか?

一つ心配なのは市場に出回るマスクの出どころです。4月に中国が欧州に輸出したマスクが不良品であったためにキャンセルの扱いとなり、行き場を失っているはずです。そんな中途半端なマスクが日本に回ってきてる?という心配をする人もいるでしょう。中国製の不良品も一部あるかもしれませんが、少なくとも昨日ドラッグストアで見たマスクは、ユニ・チャームの「超快適マスク」でした。

超快適マスク 息ムレクリアタイプ BLACK(ブラック)ヨコ

ちょっと心配なのは、無理してマスクの製造販売を行ってくれたSHARP。販売価格は50枚2980円ですので、市場に流通して小売販売しても売れる値段になると思いますが、国難に対してわざわざ汗をかいてくれた企業ですので、仮に売れ残っても国が買い取って備蓄に回す、もしくは流通の追いついていない国への支援にしてもらいたい。ここに税金を投入することに文句は言いません。

市場への流通が正常化すれば、当然医療関係施設への流通も正常化します。少なくともマスクの確保に関してはもうすぐ正常化することは間違いないでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました