コロナ後遺症ってなぜ起きるの?どんな症状があるの?

新型コロナウイルス肺炎

新型コロナウイルス感染になって感染症が治ったはずなのに、後遺症に悩まされている人がいることが話題になっています。ほとんどの方に共通しているのは、「息切れ」ではないでしょうか?息切れの原因は何でしょう?また対策はあるのでしょうか?

1.新型コロナウイルス感染症に後遺症があるワケ

新型コロナウイルス感染症によって重症化するときの病態として「サイトカインストーム」があるということは有名です。またサイトカインストームと同様に新型コロナウイルス感染の重篤例には血栓塞栓症の関連があるとの報告もあります。実際、厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症診療の手引き」には血栓症に対しての対応も記載されています。

血栓症対策

  • 重症感染症および呼吸不全は、深部静脈血栓症の中等度リスク因子である
  • さらに、COVID-19患者においては、サイトカインストームや血管内皮障害などにより線溶亢進および線溶抑制が合併していると推定される。
  • Dダイマーが正常上限を超えるような場合には、ヘパリンなどの抗凝固療法を実施することが推奨される

血栓塞栓症は発症してからの速やかな対応が必要です。軽症患者の中に血栓塞栓症を起こした人が含まれていたら、後遺症が残っても不思議はありません。

2.新型コロナウイルス感染症によって血栓塞栓症を防ぐには?

すでに新型コロナウイルス感染症の治療としてデキサメタゾンが推奨されています。サイトカインストームを予防し、血管内皮障害などによる線溶亢進および線溶抑制も予防できると考えられます。軽症者であってもデキサメタゾンの投与は考えても良いかもしれませんね。現段階では抗血小板薬や抗凝固薬の予防的投与の効果は不明です。薬の副作用とのバランスを考える必要があるため、誰しもが投与の対象になる段階ではないと考えます。

3.血栓塞栓症で後遺症が残るワケ

おそらく微小な肺塞栓(肺の血管に血栓が詰まる)が生じているのではないでしょうか?呼吸困難感は生じますが、微小な変化であれば胸部レントゲンやCTでも異常所見は認めないことはあるでしょう。肺の血流が悪くなるので、酸素の取り込みが落ちて呼吸困難感が生じます。また肺の血管が詰まると肺高血圧を生じるため、心臓への負担も生じます。動悸や不整脈も説明が付きます。

4.新型コロナウイルス感染症で肺塞栓になったら?

肺塞栓が起きてすぐに対応するのであれば抗凝固療法によって血栓を除去することを目的とした治療を行います。発症から数か月たって発見された場合には、血栓を除去する治療は無理でしょう。これ以上の増悪を予防するくらいしか対応はないと考えます。また肺高血圧を合併しているようなら、肺高血圧の治療が必要になります。

今後の方針としては、診断を得たら速やかにデキサメタゾンを投与することでしょう。今現在呼吸困難感のある方は、肺高血圧の検査目的に呼吸器内科、もしくは循環器内科を受診することをお勧めします。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました