県外ナンバーは県境検温!?県境は関所?もう道州制導入したら?

新型コロナウイルス肺炎

ゴールデンウィーク中の他県からの往来による新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため岡山県の伊原木知事は県外から訪れた人たちに検温を行う方針を明らかにしました。

(岡山県 伊原木隆太知事)

「いかに来てもらうことを歓迎していないのか、警戒しているのかを分かりやすく見える形で訴える。ゴールデンウィーク前には必ずやります」

引用:FNN Prime

狭い日本で何をしているのやら・・・。日本の面積などカリフォルニア州と変わらないのに県ごとの集計を行って県ごとに終息すればよいとしているのでしょうか?不要不急の外出を制限するための対策だと思いたいのですが、だんだん自分の県だけは収束させたいという思いが垣間見えてきているような気がしています。確かに医療圏が県ごとになされており、そういった意味では県ごとの対応は大切ですが、それは共助のためだと思っています。

ここまで各自治体が中央に忖度することなく、対策を立てているのは近代になって初めてではないでしょうか?この場合の近代とは明治時代からを指しています。そもそも国民が一つの国としての日本を意識するようになった明治維新後からでしょう。それまではそれぞれの藩が一つの国であり、ある意味江戸時代は共和国であったとの認識です(ここは様々な意見があるとは思います。天皇陛下の元に一つの国であったとの認識もあるとは思います。)。新型コロナウイルス感染拡大に伴い各自治体が独立したように対応策を考え、対策を練っています。給付金に関してもかつての日本は政府の指導がなければ自治体は何もしなかったのではないでしょうか?

各自治体が各自判断して何かしらの問題を対処するようになるのであれば、さっさと道州制を導入して各地方ごとの裁量権にもっと自由を与えても良いのではないでしょうか?それとも県ごとに裁量権に自由を与える?給付金や休業補償など明らかに東京とその他に違いがありすぎます。中央集権国家として矛盾が生じているといわれてもおかしくありません。

大阪府知事の吉村さん曰く

「大阪の財源を正直に言えば、東京ほど潤沢ではありません。正直、東京は別格です。大阪は10年前まで、ずっと赤字でやってきた。橋下(徹)さんから、ずっと黒字になって今も黒字なんですが。当時、5000億円借金も返さなければいけなかった。改革をやってぎりぎり財源を生み出している状態の中で今、非常にたくさんある事業者の全てに東京都のようにお金を出すというのは正直申し上げてできません」

引用:スポーツ報知

これって中央集権国家の矛盾を認めていることになりません?新型コロナウイルス感染が終息したのちの世界ってこれまでと全く違った世界になる可能性があります。どんな世界になるのか、不安で落ち着かない人とワクワクする人も2種類いると思います。不謹慎ですが、せっかくなのでワクワクする側に立ちたいと思っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました