イソフラボン効果は女性の髪に期待大!?ポイントは女性ホルモン!

キャンプ

男性女性を問わず、薄毛抜け毛は共通の悩みです。世の中には様々な薄毛抜け毛に効くとされる治療方法がありますよね。病院で行うAGA治療で用いられるプロペシアやザガーロでの治療が有名ですよね。でも、プロペシアとザガーロは男性の脱毛症を適応としているので、女性には投与できません。女性の薄毛に用いる薬としては、ミノキシジルなんかはよく利用されます。また病院に行くほどではないし、薬を使うのはちょっと嫌だな~って方、ちょっと気になる程度の方もたくさんいらっしゃいますよね。ちょっと髪のボリュームが気になってなんてくらいの方も良くいます。女性の薄毛や抜け毛の原因から対策としてのサプリメントの使用なんかを考えてみましょう。

1.女性の薄毛、抜け毛の原因は?

女性の薄毛・抜け毛の原因もホルモンです。閉経を迎える時期から女性ホルモンが生成されなくなります。女性ホルモンは髪の生育にも関係するホルモンです。女性ホルモンが減ると発毛量が減ります。また育毛も衰えるため、柔らかく抜けやすくなります。結果抜け毛・薄毛が生じます。

2.抜け毛・薄毛の対策は?

原因は女性ホルモンの欠如です。ホルモンの補充なんてのが一番手っ取り早く感じますが、女性ホルモンの投与は血栓症や肝機能障害といった深刻な副作用を生じる可能性が否定できないため、薄毛治療に用いるのはちょっとお勧めできません。まずは生活習慣の乱れがあれば、生活習慣の改善ですね。睡眠中に分泌される成長ホルモンは発毛・育毛に関係しています。成長ホルモンを効率よく分泌させるには、22時~2時の間に質の良い睡眠時間を確保することが重要と言われています。早寝・早起きは髪にも良いのです。あとストレスをためないことも大切ですね。

3.女性の抜け毛・薄毛に使用できる薬は?

女性ホルモンが使用できない理由はご理解いただけたと思います。ミノキシジルと言われてもパッと気が付かないと思いますが、市販名「スカルプD」と言えばわかるでしょうか?

男性用と銘打っていますが、女性にも十分効果は期待できます。むしろ男性よりも低い濃度で効果を期待することができると思います。

スピロノラクトンという薬にも効果が期待できると言われています。この薬は男性ホルモンの「DHT」を抑制します。閉経により男性ホルモンが優位になった結果、薄毛・抜け毛が生じている方には期待できます。ただスピロノラクトンは本来利用剤として使用される薬です。利尿剤は体内の電解質のバランスを乱す副作用があります。定期的な血液検査も必要なため、あまりお勧めできません。

4.女性の薄毛・抜け毛に良いサプリメントって?

女性ホルモンを補充するという観点からすると「イソフラボン」ではないでしょうか?イソフラボンが女性ホルモン「エストロゲン」と似た化学構造を持っていることは有名です。イソフラボンは更年期障害にも良いと言われていますよね。毎朝の朝食に納豆、豆腐を摂取することをお勧めします。

納豆って苦手なのよね・・・。

時々ならいいけど、毎日はちょっと。

お勧めのサプリメントなんかはないの?

そんな声も聞こえてきますので、お勧めのサプリメントも提示しますね。ご検討ください。


関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました