インステートのプラクティショナーになり成功を加速! ‐ ニュープロで学んだこと

ビジネススクールで学んだこと

NLP(ニューロ言語プログラミング)の基本テクニックの1つに、インステートというものがあります。また、ここでいうプラクティショナーとは、実践している人、実行者、熟練家、練習生、施術者、専門家、実践家などをイメージしています。今回は 、インステートに関して学び、インステートのエクササイズやワークの練習を積み重ねることで、プラクティショナー(実践者・熟練家)になれる、というお話です。

NLPでは、姿勢、感情、五感の状態などを含む、人の状態のことをステートという表現します。

  • ステートは、考えや思考に影響を与えます。
  • 考えや思考は、ビリーフの形成に関与しています。
  • ビリーフは、思考と行動に影響があります。

成功という結果は、思考と行動の産物といいかえることができます。つまりビリーフは、成功に役立つリソースにも、成功の障害になるリソースにもなりえます。ビリーフがどちらのリソースになるかによって、成功する確率は全く異なったものになります。成功に役立つビリーフを作るような思考状態(ステート)に入る時間や頻度を増やすことが重要です。NLPによって、感情とステートや自分の思考をセルフコントロールできるようになります。成功者となる為に、NLPの学習は非常に役に立ちます。

インステートとは、 ステートに入り込んでいる状態です。自分のVAK(視覚・聴覚・体感覚)のサブモダリティをコントロールすることで、ある特定のステートを意識的に作り上げることができます。それはインステートの体験を可能にします。良いステートに入り込むことで、良い思考に触れる回数、時間を増やすことが可能になり、成功者になれる思考を育むことができます。成功者になって当然と感じる状態、思考の質と量を多くすることができます。そして多くすることを意識することができます。 「私はできる!成功する!お金持ちになることができる!」。自己発言に対する確信の強度は、自分に自信を持つ体験の質と量によって強化されます。自己肯定感、自己の一貫性、セルフイメージなどは、過去の成功体験から強い影響を受けていると言わています。そのため、成功体験が少ない人より、多い人の方が、成功への自信について確信しやすいといえます。

人は、何度でも意図的に何かをイメージすることができ、そのイメージに入り込むことが可能です。つまり、成功体験について、何度でもイメージすることができます。そのイメージは、成功者になる為に利用できるのです。 小さな成功体験であっても、大きな成功体験であっても、そのイメージをする回数を増やすことで、成功体験を増やすことが可能です。また、サブモダリティを調整すれば、その質も強化することができます。成功のリソースとなるステートに入る、インステートすることは、成功を加速させるコツの1つです。

リソースフルな状態を引き出す為に、アンカリングを利用する成功者は多いです。アンカリングとは条件付けのこと。ジンクスやルーチンも、一種のアンカリングです。リソースフルな状態をアンカリングし、そしてアンカーを発火させることできれば、自分の最高の結果を生んだ状態に入り込むことができます。例えば、スポーツ選手が、プレイする前に、決まった一連の行動やポーズをすることがあります。これは自身の最高のパフォーマンスを引き出すためのアンカリングであると言えます。インステートのエクササイズやワークをすることで、リソースフルな状態になったら、状態のピーク前に、アンカリングをしておき、ビジネス活動の必要な場面で引き出します。これは、成功に向けたNLP活用法の一つです。インステートに関連したエクササイズやワークをすることで、成功に役立つ思考を生み出しやすいステートに入りこむ体験を増やすことができます。NLPの重要なテクニックです。NLPの多くのワークやテクニックは、インステートが出来ることが前提になっています。例えば、モデリングです。モデリングは、ある人をモデルとしてイメージし、その状態にインステートするテクニックです。また、ポジションチェンジも、自分以外の立場にインステートするテクニックになります。インステートに関連するエクササイズ、ワークをたくさん経験することは価値があります。

人は、『常に考えること』をします。その時の内容と状態が、成功に影響します。成功の妨げになる方向性に向っている時間と回数は減らすことです。その減らした時間を成功の方向性に向うことに費やしましょう。成功に役立つ変化をし、成功の方向に向けば、その方向性への指向が強固になります。その結果、あなたは成功しやすくなります。否定的なことやマイナス思考のステートは、消極性を育みます。自信の欠如は、成功への推進力を抑制します。成功から離れていくイメージを生みます。 「私なんかが成功するわけがない」というマイナス思考をくり返すことは、自分を成功から遠ざけていることと同じです。否定的や消極的なステートは、マイナス思考を生みだします。マイナス思考の回数や時間を切り替えるスキルをもち、違うステートを生み出すことが大切です。

良いステートをアンカリングで呼び出すことで、肯定的、プラス思考を発生させることができます。成功に役立つビリーフをプログラミングし、良い思考にくり返し触れることが大切です。思考は、成功するプログラムをプログラミングする入力作業の1つです。日々の思考は、ビリーフの形成に強い影響力をもちます。ビリーフは、予言の自己成就の特徴を持っていると言われています。なぜならば、ビリーフに沿った現実が結局は作られるからです。これは、自動成功と表現できます。成功に役立つビリーフが多く、そして強いほど、成功は加速化されます。感情やステートは、思考をひきつける磁石のようなものです。成功を引き寄せることを、イメージしてみてください。

  • 良いステートは、良い思考を生みやすく
  • 良い思考は、良いビリーフとなりやすく
  • 良いビリーフは、良い思考と行動を生みやすく
  • 良い行動は、良い結果を引き寄せてくれます

成功する確率がどんどん上がっていくイメージを持ちましょう。その他にも、直接の言葉で入力する自己暗示や自己説得という方法もあります。

NLPには、誰もが簡単に成功者プログラムができる手順、ワークやエクササイズがあります。NLPを活用することで、成功は加速されます。目標や目的の為に、ステップ・バイ・ステップの手順があります。モチベーションが維持できます。NLPを学ぶことで可能になります。成功ノウハウをNLPの学習で習得できます。成功に向けて、NLPの学習を進めましょう!

私が学んでいるネットビジネススクールは↓

BMTSprogram

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました