フレンチブルドッグの性格の特徴は?しつけはし易い?

保護犬迎えました。

犬を飼ったことのない方にとって、犬の性格は気になるところですよね。現在日本で最も飼われている犬種はトイプードルなんだそうです。その理由はやはり飼いやすさ。でも飼いやすさだけで犬種を決めている訳ではなく、なんとなく好みってあると思います。その中でブサかわいいフレンチブルが気になっている方って多いのではないでしょうか?我が家は2頭のフレンチブルドッグの飼育経験があります。その経験からフレンチブルドッグの性格の特徴について書きたいと思います。

1.フレンチブルドッグの性格の特徴は?

一般的にフレンチブルドッグの性格を説明する本やネット情報では、「吠えない」、「人懐っこい」、「好奇心が旺盛」、「愛嬌がある」、「活発で利口」という情報が入ってきますよね。これって個体差がどうしてもあると思います。「吠えない」に関してはしつけ次第だと思います。幼少期にきちんとしつけをすれば無駄吠えはしないと思いますが、しつけフリーでは吠えると思います。「人懐っこい」に関しては我が家の2頭の経験上その通りと思います。他の家のフレブル友達のフレブルも人懐っこいです。ただ人懐っこい子でないと他の家のことを交流しようとはしませんよね?ある意味バイアスのかかった情報の可能性はあります。保護犬にいたこの中で全く人に興味を示さない子もいました。「好奇心旺盛」に関しては、ある一定数の子で非常に憶病な子がいますので、必ずしも該当しないと思います。「愛嬌がある」は顔で得している(笑)分はあるので何とも言えないかな・・・。「活発で利口」に関してですが、活発かどうかは個体差があります。先代犬は間違いなく活発でした。食事よりも散歩が好きな子でした。2代目は散歩嫌いです。朝なかなか起きません。いざ行こうとすると腹ばいになって拒否することもあります。「利口」かどうかも個体差がありそうです。結構頑固な気質を持った犬種なんで、しつけには飼い主の根気が要求されるみたい。

2.フレンチブルドッグの性格からしつけの難易度

しつけの難易度ですが、決して簡単なほうではないと思います。トイレのしつけなども一度失敗すると同じ場所に繰り返すような印象があります。ただきちんと学べば失敗の確率は非常に下がります。この点は他の犬種と同様かと思いますので、フレンチブルドッグの特徴ではないですね。我が家の経験では、先代犬は非常に食いしん坊でしたので、エサやおやつでしつけができて比較的簡単でした。2頭目は食にあまり興味がありません。結構むつかしいです。ご飯のマテを教えようものなら食べなくなります。それはそれで困るので、今のところマテは教えてません。おやつでしつけを誘導できないとお座りも厳しいです。

3.フレンチブルドッグの性格って飼う前からわかる?

一般的に性格は親に似るとは言いますので、ブリーダーさんに尋ねるが一手です。また生まれてからしばらくはブリーダーさんの下で過ごしているので、その経験からアドバイスを頂けるでしょう。ペットショップの店員さんは厳しいかな・・・。売り手は悪いことは言いませんので、あまり信用しないほうが良いと思います。保護犬を迎えるのであれば成犬となるので、保護先の方から情報収集はできると思います。フレンチブルドッグを買いたい方にアドバイスをするなら、「食いしん坊の方が飼いやすい」というのが我が家の経験談です。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました