護憲派は何を護りたいの?民主国家らしく国民投票で白黒つけよう!

教育

 憲法記念日の3日、護憲派は国会前で「5・3憲法集会2020」を開き、「全国の市民は連帯し、安倍改憲発議を阻止しよう。権力私物化、改憲暴走の安倍政権を倒し、政治を変えよう」との宣言を採択した。新型コロナウイルス感染拡大に伴い今年は規模を縮小。立憲民主、国民民主、共産、社民各党なども幹部らの出席を見送り、メッセージを寄せるにとどめた。

引用:産経新聞

新型コロナウイルス感染拡大の折にご苦労様です。以前よりずっと不思議に思っているのですが、彼らは何を護りたいのでしょうか?今回の集会の宣言は「安倍内閣の打倒」のように思えます。憲法とは何も関係ないような気がします。私は改憲派です。もう何十年も前に親の親の世代が決めたルールを大切に守って現代を生きていかなければいけない理由はないでしょう。現代の世界に準じたルールに改正することに何が問題なんでしょうか?憲法の改正には国民の過半数の賛成が必要です。国民の賛成無くして憲法の改正はなされないのであれば、議論が持ち上がっている限り、国民投票自体を阻止しようとする行動はおかしいのではないですか?何をもって改憲暴走と言い切るのでしょう?会見が暴走であると信じているのであれば、国民投票で否決されるはずではないですか?

現在の中国共産党の行動や北朝鮮や韓国の政治を見ていると日本がこのまま専守防衛のみを貫くことが本当に良いことなのかどうか私は不安になります。9条は理想ではあるが、外交は相手がいることですので、少なくとも国のルールが理想で出来上がっているのは不安です。もっと現実を見てもらいたい。

憲法改正の国民投票については、一つの改正案について一つの国民投票というのが原則です。一つの案は賛成でも一つは反対といった判断ができます。改正案の一つ一つに政治家は丁寧に国民に説明をするべきでしょう。その案に賛成であっても反対であってもです。護憲派の皆さんは国民が政治家の口車に乗せられて誤った判断をすると思っているのでしょうか?もちろんそのような心配がないとは言えません。もしその心配が強いのであれば国民投票自体に価値がなくなります。護憲派の行動には様々な矛盾があると思います。先にも述べたように私は改憲派です。とはいうものの、国民投票で否決されたらその決定には従います。日本が民主国家であり、多数決をもって物事を前に進めることを基礎としていることを知っているからです。多数決のルールすら理解していない、また多数決で何かを決めることすら否定する護憲派は民主国家の根幹を理解できていないのではと疑ってしまいます。

安倍首相にはどうか任期中に国民投票を実施してもらいたい。結果がどうであれ国民が実際に国のルール作りに参加できたと実感できる機会などそうそうある訳ではありません。そんな機会を実現してくれる首相として安倍首相には本当に期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました