県条例でゲーム利用時間制限案。罰則は?だれが管理・監視する?

教育

香川県議会が、ゲームやインターネットの依存症の対策に関する条例の素案に、高校生以下の子供を対象に1日当たり平日は60分、休日は90分に制限するなど、具体的な制限が盛り込まれることが分かりました。

引用:NHK

まず、本法案にひとつ言いたいのは子供だけ?ってところです。ゲーム依存症の対策というのであれば、一律に大人も該当するでしょう。まずは大人がお手本を示してから、子供にも要求しましょう。子供には禁止しておきながら、親がゲームしてたら子供は絶対に言うことは聞きません。

罰則についてですが、地方自治体法には「地方自治体は、条例中に、条例に違反した者に対し、法令で特別の定めがある場合を除いて、2年以下の懲役若しくは禁錮、100万円以下の罰金、拘留、科料若しくは没収の刑を科する規定を設けることができる。」と記載されています。一応罰則を設定することは可能ですが、だれが罰則を受けることになるのでしょうか?そしてどのように管理するつもりなのでしょうか?法案を作ることはできても実施することはできないのであれば、議会は無責任とそしりを受けても反論できないでしょうね。子供に本ルールを守らせる責務は条例案では、「学校」と「親」にあると記載しています。なんにしても非常に曖昧な条例になるような印象を受けます。パブリックコメントは募集するようですので、香川県の皆さんは十分に吟味してください。

ゲーム依存症は、WHOにより「(1)ゲームをする時間や頻度を自ら制御できない(2)ゲームを最優先する(3)問題が起きているのに続ける――などといった状態が12カ月以上続き、社会生活に重大な支障が出ている場合にゲーム障害と診断される可能性がある。」とされています。疾患として認識することを推奨しているが、一部からは時期尚早との反対意見も出ています。子供にゲーム依存症にならないように指導することも教育することは賛成です。条例で規制するくらいなら、法律で18歳未満のオンラインゲームを禁止する法律でも作ればよいのではないかと思ってしまいます。特に課金が発生するゲームは未成年には取り扱わせないことにするべきですね。ゲーム時間の管理以上に優先度の高い対策があるはずです。曖昧な条例を作るよりも具体的かつ優先度の高い問題に取り組んでいただきたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました