中国入国制限緩和を要求!?日本の承認条件は?

新型コロナウイルス肺炎

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための入国制限について、中国が感染していないことを示す「陰性」などの条件付きで日本側にも緩和を打診したことがわかった。中国は韓国にすでにビジネス目的の入国を認め、正常化を徐々に進めている。日本は緊急事態宣言の延長などに踏み切っており、中国側の提案に慎重姿勢を崩していない。

引用:日経新聞

まだ日本が緊急事態宣言中によく自国の都合を押し付けるような要求ができますよね?少なくとも日本の感染拡大の管理が十分にできた状況が確認できない限り緩和などできませんよね?中国からの入国制限の緩和に関しては、十分に国民に納得のいく条件設定を行っていただきたい。個人的に要求した条件です。

  1. 国内の新型コロナウイルス感染が沈静化している。
  2. 治療方法が確立している。
  3. ワクチンが流通している。
  4. 入国者は既感染者もしくはワクチンを接種しており、抗体が確認できている。

少なくとも上記の条件は必要だと思っています。韓国は既にビジネスを目的とした入国を許可しているようですが、逆にビジネスを目的としているのであれば、ネット会議でも十分に可能であることが、すでに証明されていますよね。観光業だけは来日しない限り無理でしょう。しかし中国にとっても観光業は不要不急ですので、急ぐ必要はないでしょう。とにもかくにも他国の要求を考える暇は今の日本にはないはずです。まずは国内の原状回復を果たしましょう。

しかし中国共産党はどこまで面の皮が厚いのでしょう。国交の正常化を言っておきながら、その反面で日本の国土を狙ってけんかを吹っ掛けてきてます。

中国外務省の趙立堅(ジャオ・リージエン)副報道局長は11日の定例記者会見で、今月8日に沖縄県石垣市の尖閣諸島周辺の日本領海に侵入した中国公船に関連し、中国公船が日本の海上保安庁の船から「違法な妨害を受けた」と主張し、日本側に抗議したと明らかにした。中国公船は、日本領海内で操業中の日本漁船を追尾したことが確認されている。趙氏は、「中国海警局の船が中国の領海で違法操業を行う日本漁船を発見し、追尾、監視した上で関連海域からの退去を要求した」と主張した。

引用:読売新聞

コロナの鎮静化の後は世界は全く違ったものになるといいます。中国との付き合い方も全く違ったものにしても良いのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました