愛知県に新型コロナ感染PCRツーリズム?検査実施病院はどこ?

新型コロナウイルス肺炎

愛知県は7日、東京都在住の30代女性が日帰りで来県し、県と契約する医療機関を受診して感染確認されたと発表した。

引用:毎日新聞

これって東京では検査してもらえないから愛知県まで出向いたということでしょうか?基本PCR検査を実施している病院は公表されていません。我々医師も知りませんし、教えてくれません。強く疑う症例が出てきたときに保健所に連絡して、紹介先を指示されることになっています。少なくとも濃厚接触者ではない患者がPCR検査実施病院を知るには、診察医が新型コロナウイルス感染を疑い、そのうえで保健所のハードルを乗り越え、紹介先を提示され、紹介状を書いてもらわないとPCR検査は受けれないはずなんですが・・・。この東京都在住の30代女性はどうやって知ったのでしょうか?またなぜ愛知県まで来たのでしょうか?可能性はいくつかあると思いますが、一番あり得そうな理由としては、やはり風評被害を恐れての行動ではないでしょうか?少なくとも自分の周りにコロナウイルス感染者がいた可能性を十分に感じている人であることは間違いないでしょう。

例えば海外旅行から帰ってきたが人の目が気になって近くの病院に行けないという人が遠くの病院まで足を運んだかもしれません。また考えたくないですが、医療従事者が風評被害を恐れて遠くまで足を運んだかもしれません。なんにしても東京からわざわざ愛知県まで日帰りで、しかも自動車で検査だけを受けてすぐに帰ったというのですから、訳アリであることは間違いないでしょう。新幹線での日帰りでないだけまだマシですが、真似をするような人が出るといけません。愛知県はPCR検査を容易にしてくれるなどととうわさが立てば、あっという間に愛知県で大量のクラスターが発生してしまいます。

新聞記事だけでは詳細は分かりませんし、新聞社もまだこの女性については詳細な情報を得ていないのかもしれません。プライバシーの問題は付きまといますが、途中でサービスエリアやパーキングエリアに寄っていたりするとクラスターの発生の危険はぐっと増します。非常事態宣言が出された後です。少なくとも感染者情報は可能な限り詳細な情報を公開してもらいたいですよね。

新型コロナウイルス感染の風評被害を恐れる人はたくさんいます。日本に限ったことではありません。感染した事実に絶望して自殺をした人のニュースもあります。

フランス1部のスタッド・ランスは5日、チームドクターのベルナール・ゴンザレス氏が亡くなったことを発表した。60歳だった。新型コロナウイルスの陽性反応が出ていたゴンザレス氏は、自宅で自殺したという。

引用:報知新聞

新型コロナウイルスに感染した人は悪くはありません。中に不謹慎な行動をとってしまった人もいるでしょうが、今相対峙するのはウイルスです。反省は後でも出来ます。まずは不要不急の外出を自粛しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました